仙台 激安 現状回復 リフォーム

吊り天井の軽減劣化は、、、

2022年02月20日 17:33

和室などで、よく見られます天井ですが、画像では
分かりにくいかもしれませんが、、、
天井が下がっております(汗)

照明器の右側から下に膨らんでおります。

天井裏を、拝見させて頂きますと、、、、
スッキリした状況。
下には、断熱材と、湿気を防ぎシートが
綺麗に張られております。

屋根裏の一部に、雨漏れした後、何か所ありました。

調査していて、なにか、違和感が、、、

吊り天井なので、天井を吊っていないといけないのですが、小木で吊とていない状態(泣)

現状、天井の板のみに、断熱材が載っている状態
。゚(゚´ω`゚)゚。
長年の湿気と雨漏れが断熱材に蓄積され、その重みで
天井が下がって来ている状態。
お客様に、最近天井が下がって来たのでしょうかと?
お尋ねした所、5年くらいから、少しづつ状況が
悪くなって来たので、ご相談されたと、、、

天井は、下がり続けるゆっくりと

お客様に、屋根裏の状況と画像をお見せして、
概算のお見積を作成しお渡しし、、
後日、対応する事になります。
少し天井が下がっているのは、何か所か経験しましたが
今回の現場は、以前の物よりもはるかに下がっておりました。
なんでもそうですけども、早めの対応でコストは抑えられますし家も長持ちします!
自分の家に、愛着がありませんと運気も悪くなると
何かの本に書いてありましたので
皆さま、早めの対応をよろしくお願い致します!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)